NE 酒 LAND 宴

男と女がいる限り 酒と音楽はなくならない

戸越銀座という賑わいをみせる街並みに寄り添うように
”人との交流やコミュニケーションを大切にしたい”という
オーナーの想いから生まれました。

曲線を描いた立ち飲み用のハイカウンターの腰壁には
ブリキ製の化粧パネルを貼り華やかに。
椅子や壁の一部にはクラシックな赤色を使い、
昭和のスナックのようなレトロ感を演出しました。
カラオケにはステージが不可欠。と、
店内にはオーナーのこだわりポイントが詰まっています。

戸越銀座ではしご酒の際は「宴」で楽しんでみてはいかがでしょうか。

竣工:2019年10月
facebook
twitter
Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加
NE 酒 LAND 宴
住所
東京都品川区戸越1丁目15-15
竣工日
2019年10月 開店
営業時間等
営業時間:18:00~翌3:00
定休日:火曜日
坪数
20.9坪
お店の紹介
2019年10月にオープンした「NE 酒 LAND 宴(ネバーランド宴)」。
2014年に「炭火ホルモン焼のネバーランド」をオープンして以来、戸越銀座・武蔵小山界隈で3店舗の焼肉店を展開してきた澤田泰広さんが、二次会利用のカラオケバーという新業態で立ち上げた4店舗目が、この「NE 酒 LAND 宴」です。オーナー澤田さんに、お店のコンセプトやこだわりについてお話を伺ってきました。


— 澤田さんが飲食の世界に入ったのはいつからですか? これまでの経緯を聞かせてもらえますか?

実家が浅草の和食屋だったんですね。だからいつから飲食の世界に入ったという感じではなくて、小学生のころから洗い場をやったりしてたので、気づいてたら飲食の場で働いていた、という感じですね。
それからイタリアンで料理人をやってたんですけど、教えてもらっていた先輩が失敗したのを見まして。ちょっと路線を変えよう、イタリアンではなく、時代にあんまり左右されず昔からずっとある業態っていうのを考えるなかで、焼肉屋っていう考えが出てきて。ちょうど地元の知り合いにホルモンをやってたメンバーがいたので「ホルモン屋をやろう」と、彼と一緒に最初のお店(「炭火ホルモン焼のネバーランド」)をオープンしたんですね。

— 4店舗目になる今回の「NE 酒 LAND 宴(ネバーランド宴)」は、どんなコンセプトのお店ですか?

ドミナントとして焼肉業態の店舗を3店舗やってるわけですけど、焼肉を食べてもらった後で使ってもらえる、二次会利用をメインにしたお店です。
クラフト焼酎を揃えて、おつまみですとかおばんざいも出しながら、カラオケも楽しんでもらう。カラオケバーに近いイメージですね。ほんとに、ここらへん(戸越銀座界隈)はそういうスペースがないですからね。

— 内装でこだわったポイントはどこですか?

まずカウンターですね。設置角度を斜めにして店内を広く見せてます。とにかく落ち着いた空間っていうのを意識しました。
あとクラフト焼酎がメインなので、(クラフト焼酎の並ぶ)棚が目立つよう、カウンターと棚との一体感ですね。

— これからどんなことを目指していきたいと思っていますか?

ドミナントでやってますからお客さんは知り合いが多いんですね。つまりお客さんとの関係が近いんですけど、そういう「近い関係」を大切にしたお店。これは目指すことというか、まずはそこですね。
あと、こういう空間なのでスペース貸しも徐々にできたらなと思ってます。
ほかには、プロデュース系もこれからはやっていこうかなと。ほかの飲食店の方で「焼肉屋をやりたい」っていう方がいて、そういう方のお店もプロデュースしていけたらと思ってます。

— 今日はありがとうございました。
新しい時代のスナック「NE 酒 LAND 宴」。
みなさんも戸越銀座で夜を楽しむ機会がありましたら、ぜひ一度訪ねてみてください。
近くのお店を探す
もっと見る
×

山翠舎Web会員になると
こんな特典があります

  • さらに高解像度で多くの
    施工写真をご覧いただけます
  • 非公開情報や山翠舎の
    お店づくりをメールで配信
  • 施工部位などの細かい条件で
    施工写真を絞り込み
お問い合わせ
0120-531-814
平日 AM9:00-PM5:00
山翠舎では、当社の雰囲気をお試しいただこうと、毎週「無料相談会」を開催しています。
木のお店をつくりたいすべての方に。ぜひお気軽にご参加ください。