自家製麺
ばくばく

清潔感溢れるスタイリッシュ空間
大きな窓、ナチュラルカラーの古木の寄木の庇がスタイリッシュ、安心感を与えるファサード。古木の柱、梁をアクセントとして活用する店内は、ナチュラルカラーを貴重に空間づくりを実施。随所に、あそび心も忘れない。

竣工:2017年10月
facebook
twitter
Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加
ばくばく
住所
千葉県木更津市塩見5-1-30
竣工日
2017年10月 開店
営業時間等
日曜定休
お店の紹介
木更津の人気ラーメン店、自家製麺ばくばく。
木更津の施工店舗のオーナからのご紹介を頂いたご縁で、この人気店の改装に当たって設計施工を山翠舎が担当させていただきました。
木更津にありながら「2011年首都圏のラーメン新人王」に選ばれたお店。
20代の若き店主の妥協なき追求により生み出されたラーメンとつけ麺は、止まる事なく進化しています。
自家製麺の製造過程が見えるラボのような生メンスペースは待合スペースからもガラス張りで見る事ができます。
テーブル席とカウンター席があり、ラーメンを食べて体と心を満たしている間に、各席に設けられたコンセントでスマートフォンも充電できます。
店主目線の子供への心遣いもお見逃しなく。
枕木のステップが設置されていて、すこしでも「自分でできる!」という体験ができるように。そして、ベビーチェアや子ども椅子も倒れないように壁へかけて安全にも配慮しています。
古木を使った落ち着きある空間と、おゃれなラーメン、おしゃれな雑貨、おしゃれな空間。
それらすべては「本物志向」という共通点でつながっているように感じます。
これが、木更津にあり、車やバスでないといけない立地にもかかわらず評価され人気を持つ理由の一つではないでしょうか。
100年後も人が集まる上質ならーめんを目指して–この店が、人の集う店になるよう、そして100年後もこの地にあり続けられるよう、自家製麺ばくばくでは、らーめん作りの本質を追求しつづけます。–」
公式HPのトップに上がる文章。2017年秋の改装オープンからしばらくたった、2018年3月6日、店内へ入るとなる心地よいベルの音がなります。音源は能作の風鈴。その他にも見渡すと現代美術館と併設されるショップにあるようなプロダクトが店内に点在しています。店内に並ぶ書籍は出汁の本から始まり、デザインの本や、世界最高峰と呼ばれるデンマークのレストランnoma(ノマ)の写真集など。
ここが自分の知るラーメン屋さんとはどこか違う、そう感じる人も少なくないはず。
そんな事を気にとめる人も、そんな事は関係ない人も、ばくばくのラーメン・つけ麺に惹きつけられてこの店に集まります。この日店主がラーメンを作りながら語ってくれた事の一つは、「この店を木更津に来た時の観光案内所のような役割にしたいと思っているんです。」という構想。ばくばくの店の立地は駅から離れていますが、そんな立地条件もつまずくハードルでなく、本当に木更津観光の拠点になる。そんな未来がすぐに来る、そう思わせる店主の発想の力と行動力があります。
木更津を訪れたら、まずはこの店に。らーめんやつけ麺を食べた人は、仕掛けがなくともそんな行動を起こしてしまう吸引力のある場所です。

(デザイン営業部 酒井)
近くのお店を探す
もっと見る
×

山翠舎Web会員になると
こんな特典があります

  • さらに高解像度で多くの
    施工写真をご覧いただけます
  • 非公開情報や山翠舎の
    お店づくりをメールで配信
  • 施工部位などの細かい条件で
    施工写真を絞り込み
お問い合わせ
0120-531-814
平日 AM9:00-PM5:00
山翠舎では、当社の雰囲気をお試しいただこうと、毎週「無料相談会」を開催しています。
木のお店をつくりたいすべての方に。ぜひお気軽にご参加ください。