Chinese Dining
RYANPAO
竣工:2018年04月
facebook
twitter
Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加
RYANPAO
住所
埼玉県さいたま市見沼区東大宮5-31-2 奥山ビル1F
竣工日
2018年04月 開店
営業時間等
Lunch 11:30-15:00
Dinner 17:00-22:00(月〜木、日)
17:00-23:00(金、土)
*L.Oは30分前
close 不定休
坪数
11.42坪
お店の紹介
料理を食べた人が笑顔になれるお店を夫婦で開きたい。
厨房で料理するオーナーがお客様の反応を自分の目で見て確認できるように。
そんな思いが形になったお店です。
お店は居抜き物件でしたが、オーナー夫婦の思いを大切に、ほぼスケルトン状態に解体してからの工事になりました。
中華料理を提供するお店ですが、空間自体は木を活かした
落ち着きがあり普段使いをしてもらえるお店に設計しています。
テーブル席、カウンター席の2つのシーンがあるためお一人でもグループでも使いやすい使用となっています。

レセプション(2018/4/14)の日の最後に撮影した写真。
色んな色と質感の木を使いながらも落ち着いた雰囲気の空間。オーナーである岸本さんご夫婦の心づくしのおもてなしに心温まる時間でした。これから沢山のお客様がこのお店で笑顔になっていくのが
今から楽しみです!

岸本さんご夫婦が山翠舎を知ったきっかけは、1017年放送の「たけしのニッポンのミカタ!」にて山翠舎を取り上げて貰った番組から。オーナーはもともとホテルの中華の料理長としてご活躍でした。厨房にいる料理人の人達がお客様の声を知ることができるのは、たまに頂くお客様アンケートだったそうです。子供が一生懸命書いてくれたであろう「おいしかった!」のコメントを力に料理に励んだといいます。
せっかくならお客様の反応を直に見ることができる自分の店で料理を振る舞いたい。そして、一時期病気で断食し、断食の後最初に食べた病院のおかゆの美味しさが何より体に染み渡り笑顔になった。そんな思いを主軸に、このChinese Dining RYANPAO(チャイニーズ ダイニング リャンパオ)がオープンします。
料理をするオーナーも、サーブをする奥様も、できるだけお客様の様子を伺いながら動けるようにと、厨房区画も既存から変えて設計。結果的に、予算以上に大事にすることを、なにより優先した空間づくりとなりました。

(デザイン営業部 酒井)

レセプションの日のスペシャルコースで食べたお料理の一部の写真。本格的で上品なお料理は、心もお腹も満たしてくれる美味しさです。彩りも豊か。メニューの一部は小皿で対応!おひとりで来たときにも色んな味が楽しめます。(写真は4名分の大皿使用です。)

北京風の中華をベースにした料理は、こってりしすぎず体にも優しい味。

本格的な料理ながらも、東大宮の町の価格帯に合わせた金額感で楽しめるので、コストパフォーマンスが高いです!

「リャンパオ」は、店主のお名前の「良(リャン)」と、包むという意味の「パオ」という音からとった店名。

様々なメニューがあり私たちはこの日食べる前に満腹になってしまいましたが、店主がお店で丁寧に包み蒸したてを提供してくれる「RYANPAO特性シュウマイ」もおすすめメニュー!ぜひご賞味下さい。

(デザイン営業部 酒井)

何を飲むかアドバイスが欲しい時には、FBO認定中国種類鑑定士の女将・君枝さんにお声掛け下さい!
お料理や体調にあわせておすすめのお酒をご案内します。

お店に入って正面の腰壁には、ずらりとお酒のボトルが並びます。

女将の君枝さんはお店のオープンに合わせ、FBO認定中国種類鑑定士の資格を取得。

お料理だけでなくお酒も食事の楽しみ!という方も多いですよね。中国酒を飲み慣れない方も、お気軽に女将の君枝さんにお声掛けして、お気に入りを探してみて下さい。

ワイン酵母仕込の純米酒など、珍しい日本酒の取扱もありますよ。

(デザイン営業部 酒井)

近くのお店を探す
もっと見る
×

山翠舎Web会員になると
こんな特典があります

  • さらに高解像度で多くの
    施工写真をご覧いただけます
  • 非公開情報や山翠舎の
    お店づくりをメールで配信
  • 施工部位などの細かい条件で
    施工写真を絞り込み
お問い合わせ
0120-531-814
平日 AM9:00-PM5:00
山翠舎では、当社の雰囲気をお試しいただこうと、毎週「無料相談会」を開催しています。
木のお店をつくりたいすべての方に。ぜひお気軽にご参加ください。