そば処
花月庵

「そば処花月庵」を、もともと営業していたご両親から息子さんへと店主が代わりするタイミングで、改装工事のお声掛け頂きました。昼、夜共に出前の注文が主であったお店から、お客さんに出来たての蕎麦や天ぷらを食べに来て貰える店にしたいとご依頼頂きました。若者も着やすいようなカフェ風でカジュアルな印象も与えつつ、古木を使って落ち着きと風格のある雰囲気も大切にしました。カウンター席も多く設け、一人でランチや晩酌も楽しんでもらえるように設計しています。テーブル席側の壁面の板張りの壁には、店主がかつて旅して回った海外の写真なども展示。ダウン照明がスポットライトとしても稼働し、写真やアクアリウムを照らします。

竣工:2018年03月
facebook
twitter
Google+
このエントリーをはてなブックマークに追加
花月庵
住所
東京都練馬区関町北2-24-5
竣工日
2018年03月 開店
坪数
11.8坪
お店の紹介
古木の門、アンティークのそばの手捏ね鉢、ケヤキの無垢板を使用した引き戸。
奈良時代以前からあるとされる日本の良き伝統食、蕎麦。
もとは両親の営んできた蕎麦屋から代替わりのタイミングでスタートしたこの「花月庵」の改装工事。
若い方もご年配の方も、武蔵関に住む地元の人たちが「健康で本当に美味しい蕎麦を食べにくる店」にしたい。
そんな思いを実現するためにプランを固めていきました。
今はお父さんと若き店主、二人でお店を切り盛り。
カウンター席とテーブル席のある店内では、お蕎麦は勿論お酒やつまみも充実しています。
こだわりの蕎麦のみを、絶妙な加減で臼でひいて、そば打ちをして、茹で麺機で茹でる。当たり前の行程ですが、手抜きをせず自分の提供したいもの、お客様の求める需要をすり合わせ考え抜く。
それを蕎麦のみならず内装全てに当てはめていく。料理の仕込みだけでもやる事は山ほどありますが、癒しのアクアリウムを置くことを実行する。設計のときには壁の素材、板材の種類、トイレの便器の種類から始まり肝になる厨房機器えらびなど、様々なステップがあります。営業時間前に朝早くから山翠舎にお越しいただき打ち合わせを重ね、それらの検討事項に丁寧に時間をかけて向き合ったオーナー。
カラッと美味しく上がる天ぷらのために、フライヤー一つとってもかなりの検討を重ねています。
オープンしたのは2018年3月3日の桃の節句。オープン日であるこの日1日のために棚に飾られたお雛様。料理だけでなくそんな行動ができる店主のいるお店です。

周辺の施工実績

  • 周辺の施工実績はありません。
近くのお店を探す
もっと見る
×

山翠舎Web会員になると
こんな特典があります

  • さらに高解像度で多くの
    施工写真をご覧いただけます
  • 非公開情報や山翠舎の
    お店づくりをメールで配信
  • 施工部位などの細かい条件で
    施工写真を絞り込み
お問い合わせ
0120-531-814
平日 AM9:00-PM5:00
山翠舎では、当社の雰囲気をお試しいただこうと、毎週「無料相談会」を開催しています。
木のお店をつくりたいすべての方に。ぜひお気軽にご参加ください。